初めて内視鏡検査を受ける方へ

胃内視鏡(胃カメラ)検査・大腸内視鏡(大腸カメラ)検査とは

胃内視鏡・大腸内視鏡胃・大腸内視鏡検査では、食道・胃・十二指腸・大腸といった消化管の粘膜を直接観察することができます。微細な病変の発見もできますし、検査中に発見された疑わしい部分の組織をその場で採取できるので、病理検査によって良性か悪性かという診断も可能になります。これにより、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を低下させずに早期がんを完治に導く治療につなげることができます。また大腸内視鏡検査では、前がん病変である大腸ポリープを検査中に切除することができます。これによって、将来の大腸がん予防につながります。

内視鏡検査のメリット

日本では胃がんや大腸がんといった消化器疾患の罹患率が高く、がんによる死亡率でも胃がんや大腸がんは長く上位を占めています。胃がんや大腸がんは早期発見と適切な治療により、生活やお仕事に影響なく完治が望める病気です。
内視鏡検査では、粘膜を直接観察できるので、X線検査では難しい早期がん発見が可能です。また、その場で組織採取して正確な診断ができるため、適切な治療につなげられます。被ばくの心配もないため、安心して検査を受けられます。早期発見が可能な内視鏡検査を定期的に受けることで、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を保ち、健康寿命の維持・延長につながります。

内視鏡検査で発見可能な病気

食道

逆流性食道炎、食道がん、バレット食道など

胃・十二指腸

胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ、胃がん、十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染の有無など

大腸

大腸ポリープ、大腸がん、大腸憩室、潰瘍性大腸炎、虚血性腸炎など

心身への負担を大幅に軽減した内視鏡検査を

内視鏡検査「胃カメラは苦しい・大腸カメラはつらい」というイメージを持っている方がまだ多いのですが、経験豊富な医師による検査では不快感が大幅に軽減します。
当院では、大学病院などで内視鏡検査の研鑽を長く積んできた院長がすべての検査を担当し、洗練された手法と高い技術力で安全性が高くご負担を大幅に軽減した検査を行っています。胃内視鏡検査では、口から内視鏡スコープを挿入する経口検査だけでなく、極細のスコープを鼻から挿入する経鼻検査もお選びいただけます。経鼻検査では強い嘔吐感を起こす場所にスコープが触れないため、とても楽な検査が可能です。
また、鎮静剤を投与してウトウト眠っているような状態で検査を受ける無痛検査も行っています。
初めての検査でご不安がある方も、安心してご相談ください。

精度の高い検査と診断

検査後のご説明内視鏡検査では、観察や診断の精度がとても重要です。特に早期の病変を的確に、そしてスピーディに発見するためには高度医療機関での豊富な経験が不可欠です。当院では大学病院などで数多くの症例を経験してきた院長が検査を行っていますので、高い精度の検査が可能です。
検査だけでなく検査前のご相談から検査後のご説明まで、院長がしっかり行っていますので、気になることがありましたらなんでもお尋ねください。

一番上に戻る
TEL.045-334-1122TEL.045-334-1122ネット予約はこちらネット予約はこちら