食道の病気

食道の病気について

食道は口から喉に入ってきた食べ物を胃に運ぶ役割を持っています。胴体は横隔膜で胸部と腹部に分かれていますが、食道は横隔膜にある裂孔を通って腹部にある胃に食物を届けるため、長さは成人で25~30cmもあります。
また、食道は食べ物の熱や刺激を受けやすい傾向があります。食道に発生する主な病気には、逆流性食道炎や食道がんがあります。

逆流性食道炎

食道粘膜は胃酸から守る防護機能を持っていないため、胃液の逆流が起こるとダメージを受けてしまいます。胃酸や胃の内容物の逆流が繰り返されて、食道粘膜がただれや潰瘍を起こすのが逆流性食道炎です。主な症状には、胸焼け、酸味や苦みのあるものが上がってくる呑酸、吐き気、喉の違和感などがあります。
日本では近年、逆流性食道炎が増加傾向にありますが、脂肪やタンパク質が多い食事で胃酸分泌が過剰になって起こりやすいため、食生活の欧米化の影響が指摘されています。また、加齢などにより逆流を防止する機能が衰えて発症することも多くなっています。腹部への圧迫も発症のきっかけとなりますので、姿勢の悪さや衣類による強い締め付け、肥満が原因になることもあります。そういった意味では生活習慣によって発症しやすい病気と言えます。
内視鏡検査で粘膜の状態を確認して診断し、胃酸分泌抑制薬による治療を行いますが、再発しやすいため生活習慣の改善も重要です。再発を繰り返すと食道がんリスクを高めてしまうため、地道にしっかり治療を続けましょう。

食道がん

食道の粘膜内の細胞ががん細胞に変化して発生し、増殖していきます。早期の自覚症状は乏しく、進行すると飲み込みにくさ、つかえ、しみる、チクチクするなどの症状が現れます。胃カメラ検査では食道粘膜もしっかり確認しますので、早期発見には定期的な胃カメラ検査が有効です。
進行すると咳、声のかすれ、血痰、体重減少、胸や背中の痛みなどが現れます。食道粘膜は薄く、血管やリンパ節を通じてがんの転移を起こしやすい傾向があります。転移先も近くの部位だけでなく、肺、肝臓、骨、脳などへの転移も珍しくありません。
リスク要因は喫煙や飲酒です。リスクが上昇しはじめる40歳を超えて、習慣的な飲酒や喫煙をされている場合には、症状がなくても胃内視鏡検査を受けるようおすすめしています。

食道カンジダ症

カンジダはカビである真菌の1種で、食道カンジダ症ではこのカンジダが食道内に感染して増殖し炎症を起こしています。カンジダは常在菌ですから普段も皮膚や粘膜に存在していて通常は感染することがありませんが、免疫力が落ちた時に感染することがあります。内視鏡では食道が白っぽい苔で覆われているような状態として観察されます。
主な症状は食べ物を飲み込む際のつかえやしみる感じなどです。ただしほとんど症状がない場合もあります。免疫力に問題がなければ、自然に治ることもあります。

食道裂孔ヘルニア

胴体は横隔膜によって胸部と腹部に分けられています。食道は胸部から腹部にある胃に食物を届けるため、横隔膜にある食道裂孔を通っています。この食道裂孔を通じて胃の一部が胸部にはみ出してしまっている状態が食道裂孔ヘルニアです。
裂孔が加齢などでゆるむと食道裂孔ヘルニアのリスクが上昇します。また、腹部が強い圧迫を受けると胃が押し出されて食道裂孔ヘルニアを発症することがあります。腹部の圧迫は、肥満、衣類による強い締め付け、姿勢の悪さ、喘息や気管支炎などがリスク要因となります。
食道裂孔ヘルニアがあると逆流性食道炎を起こしやすいため、逆流性食道炎の症状で受診されて食道裂孔ヘルニアが見つかるケースが多くなっています。食道裂孔ヘルニアによる症状がなければ治療の必要はありませんが、逆流性食道炎を合併している場合にはその治療を行います、また、症状が強く再発を繰り返す場合には、食道裂孔ヘルニアを治す手術が検討されます。

一番上に戻る
TEL.045-334-1122TEL.045-334-1122ネット予約はこちらネット予約はこちら