ピロリ菌の検査・除菌

ヘリコバクター・ピロリ菌(ピロリ菌)

ピロリ菌胃には強い酸性の胃酸が分泌されています。この胃酸は、食物の消化と口から入ってきた細菌の殺菌という役割を担っています。そのため通常の細菌は胃に生息することはできません。ピロリ菌は免疫力や胃酸の働きがまだ弱い幼少期に感染すると考えられており、ウレアーゼという酵素を分泌することで周囲を中和して胃粘膜に生息できる細菌です。
衛生状態がよくなってきた現在、感染者数が若い方を中心に減ってきていますが、日本は先進国中で例外的に今も感染率が比較的高いとされています。口移しや食器の共有などによるヒトからヒトへの感染があると考えられているため、ピロリ菌感染や胃がんなどにかかった家族がいる場合には感染している可能性があります。
ピロリ菌感染があっても除菌治療に成功すればピロリ菌を除去できますし、さまざまな消化器疾患のリスクを軽減できます。また除菌治療を受けることで、次世代への感染防止にも役立ちます。

胃がんとピロリ菌の関連性

数多くの研究によって、胃がんとピロリ菌感染に深い関連性があることがわかってきています。ピロリ菌に感染しているとピロリ菌が分泌する毒素によって胃粘膜が慢性的な炎症を起こしやすくなります。こうした炎症を繰り返していると胃粘膜の胃液や胃酸を分泌する組織が失われて、胃粘膜が萎縮してきます。萎縮性胃炎が進行すると、胃粘膜が腸上皮化生を起こし腸の細胞に変化してしまい、胃がんリスクを大幅に上昇させます。こうなってしまうとピロリ菌も生息できない状態になって、検査では陰性となります。
除菌治療が成功することで炎症の再発を防ぐことができるため、胃炎を進行させないためにも胃腸内科など専門の診療科受診をおすすめします。

検査方法

胃カメラ検査で行うものと、胃カメラ検査をせずにできるものがあります。

胃カメラを用いた検査

迅速ウレアーゼ試験

ピロリ菌が分泌するウレアーゼという尿素を分解する酵素の活性を利用した検査です。採取した組織を反応液で検査します。

鏡検法

胃カメラ検査中に採取した組織を顕微鏡で調べる検査です。

培養法

胃カメラ検査中に採取した組織を培養してから調べる検査です。

胃カメラ検査をせずにできる検査

採血や検尿などによる抗体測定
尿素呼気試験
便中ピロリ菌抗原検出法による検便

ピロリ菌の除菌治療

感染が確認されたら除菌治療が可能になります。除菌治療は抗生剤と胃酸分泌抑制剤を1週間服用するだけです。ただし、除菌治療は失敗する可能性もあり、初回治療での除菌成功率は80%程度とされています。初回治療で失敗した場合には、抗生剤を変更して2回目の除菌治療が可能です。1回目と2回目の除菌治療を合わせた成功率は約90%とされています。
初回治療で使用する抗生剤は、アモキシシリンとクラリスロマイシンの2種類です。2回目の除菌治療では、1種類の抗生剤を変更して治療します。抗生剤にアレルギーがある場合には、初回の治療で2回目に使用する抗生剤を使うこともあります。

健康保険適用について

ピロリ菌感染検査と除菌治療を健康保険適用で受けるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。当院ではこうしたことも事前にしっかりお伝えし、ご相談しています。わからないことがありましたら、気軽にご相談ください。

保険適用の条件

消化性潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少症、早期胃がんで内視鏡による治療を受けた、ピロリ菌感染による慢性胃炎があるなど。ただし、慢性胃炎の場合は、内視鏡検査による診断が不可欠です。

保険適用外となるケース

バリウム検査で慢性胃炎と診断され、血液検査や呼気検査などでピロリ菌感染が確認されていても、内視鏡検査を受けていなければ除菌治療は保険適用外になります。

一番上に戻る
TEL.045-334-1122TEL.045-334-1122ネット予約はこちらネット予約はこちら