アニサキス

胃アニスキス症とは

アニサキスアニサキスは海洋生物に寄生する寄生虫です。成虫はクジラやイルカなどに寄生しますが、幼虫はイカやサバ、アジ、サケなど身近な魚介類の内臓や筋肉に寄生しています。人間がこうした魚介類を生で食べた時、幼虫が寄生していると感染します。人間に感染しても数日程度で死滅してしまい、寄生することはできませんが、感染すると激しい痛みなどを起こします。内視鏡によって除去できますし、それによってほとんどの場合、症状は急速に改善しますので早めに受診してください。

アニサキス症が起こる原因

アニサキスは60℃1分以上の加熱、-20℃24時間以上の冷凍で死滅します。そのため、冷凍していない魚介類を、生や十分な加熱がされていない状態で口にすると感染する可能性があります。肉眼でも細かい糸クズ程度に見えるサイズですから、適切な処置がされていればリスクがかなり軽減できます。
生や加熱が十分ではない魚介類を食べて数時間後に激しい胃の痛みが起こった場合は、アニサキス症の可能性があります。なお、こうした激しい痛みはアニサキスが胃壁に食いついた際のアレルギー反応によって起こっていると考えられています。

症状

  • 激しい胃の痛み
  • 吐き気・嘔吐
  • アレルギー反応による蕁麻疹が起こることもあります。

検査・治療

激しい胃の痛みは、早急に適切な治療が必要な急性膵炎で起こることもありますし、胃・十二指腸の潰瘍によって生じている可能性もあります。そのため、問診で痛みが起こる前の食事内容などについてうかがいます。
アニサキス症の可能性が高いと考えられる場合には、内視鏡検査を行ってアニサキスの感染が確認できたら内視鏡によってアニサキスをその場で除去します。それによって痛みはほとんどの場合、速やかに改善へ向かいます。

その他の治療

胃内視鏡検査ができない場合には、痛み止め、アレルギー反応を抑えるステロイド・抗ヒスタミン薬、胃薬などを投与して経過観察を行います。

一番上に戻る
TEL.045-334-1122TEL.045-334-1122ネット予約はこちらネット予約はこちら