潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎

このような症状でお悩みの方はご相談下さい。

  • 腹痛が慢性的に続く
  • 血液が混じった便がでた(血便)
  • 苺ジャムのような赤い粘膜が付いた便が出る(粘血便)
  • 下痢が慢性的に続く
  • 下痢がひどくトイレから離れられない
  • 下痢、血便、腹痛、粘血便に加えて発熱も診られる

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜上に潰瘍ができる病気で、国が指定する難病に指定されています。潰瘍性大腸炎の発症原因は明確にはなっておりませんが、近年、患者数は増加傾向にあります。(若い世代層でも増えています)
潰瘍性大腸炎は直腸から結腸に至る大腸全体に炎症が広がり、特徴的な症状としては、「血便・粘血便」「腹痛を伴う下痢」「慢性的な腹痛」などが挙げられます。潰瘍性大腸炎は再燃(炎症が生じる)、寛解(炎症が治まる)を慢性的に繰り返します病気で、未然に再燃を防ぐ事ができるかどうかが潰瘍性大腸炎の治療で大切となります。

発症原因

潰瘍性大腸炎は自己免疫系の異常、腸内細菌の働きが低下したり、食生活・生活習慣の変化、精神面(ストレス)が発症に関わっていると言われています。(明確な原因は解明されていません)
また身内の方で、潰瘍性大腸炎を発症された方がいる場合は発症率が上がる事も言われており、遺伝も潰瘍性大腸炎の発症に関わっていると言われています。

よくみられる症状

潰瘍性大腸炎でよく診られる症状は,血便(血が混じった便)、粘液便(苺ジャムのような赤い粘膜が付いた便),腹痛、下痢です。これらの症状は再燃、寛解を慢性的に繰り返します。また、症状が重症化すると、発熱、脱水症状や頻脈などの全身症状を引き起こします。

~潰瘍性大腸炎の経過~

潰瘍性大腸炎は、症状が強く現れる「再燃」と、症状が治まっている「寛解」を慢性的に繰り返します。つまり、潰瘍性大腸炎は一度医療機関で治療を受けたら完治するといった病気ではありません。

その為、潰瘍性大腸炎の治療では再燃を引き起こさないように症状をコントロールしていく事が大切です。症状をコントルール出来ずに再燃と寛解を長年繰り返していくと、大腸がんを引き起こす事もあります。再燃を引き起こさないよう処方された医薬品をしっかりと服用し、日々の生活習慣の改善に取り組んでください。

診断方法

先ずは問診で、「下痢の頻度」「血便の頻度」「腹痛の程度」「発熱の有無」を確認します。その後、血液検査や便検査で感染症に掛かっていないか、貧血を起こしていないか確認し、内視鏡検査(大腸カメラ検査)で病変部を観察します。
※内視鏡検査(大腸カメラ検査)で炎症の程度や炎症の範囲を調べます

内視鏡検査(大腸カメラ検査)

内視鏡検査は消化管内を直接観察し、消化管粘膜上で異常が生じているかを確認します。大腸カメラ検査はお腹が張って苦しい検査であると思われる事が多いですが、当院では検査時の苦痛を減らす為の様々な工夫・取り組みを行っています。当院の大腸カメラ検査についてより詳しく知りたい方は是非大腸カメラ検査ページをご覧下さい。

治療法

潰瘍性大腸炎は完治させる為の治療法がまだ確立しておりません。その為、潰瘍性大腸炎の治療では、発症している症状を緩和させる為の医薬品を処方します。

薬物療法

5-ASA製剤、副腎皮質ステロイド薬、抗TNFα受容体拮抗薬、免疫調整薬などを発症している症状にあわせて処方します。どの医薬品も炎症を抑える働きがあり、潰瘍性大腸炎の患者様に処方される医薬品です。

外科手術

基本的には薬物療法で寛解を維持する事が出来ますが、症状が重症である場合は外科的手術を受けて頂く事もあります。潰瘍性大腸炎が重篤化すると、大腸に穴が開く穿孔、出血、大腸がんなどの合併症を引き起こします。一度診察をして重症である場合は当院と連携している近くの総合病院に紹介させて頂く事があります。

お問い合わせ

潰瘍性大腸炎は国が指定する難病の1つですが、近年は患者数が増加傾向です。(特に若い世代層でも患者数は増えています)
潰瘍性大腸炎の治療法が確立していないので完治を目指す事は難しいですが、再燃を抑える事ができると決して怖い病気ではありません。下痢や腹痛は比較的軽視される事が多く医療機関まで相談される方は少ないですが、実はその下痢や腹痛は潰瘍性大腸炎が原因で発症している可能性もあります。
潰瘍性大腸炎の症状を進行させない為にも、下痢、腹痛や血便などのお腹の異常が診られた際はお早めにご相談下さい。

一番上に戻る
TEL.045-334-1122TEL.045-334-1122ネット予約はこちらネット予約はこちら