次世代の内視鏡システム「EVIS X1」

最新の高度な内視鏡システム「EVIS X1」導入

EVIS X1当院では、オリンパス社製の最新内視鏡システム「EVIS X1」を導入しております。「EVIS X1」は、構造色彩強調機能(TXI)・狭帯域光観察(NBI)などの最新機能が搭載されているため、従来よりも病変の発見や診断の精度が高くなりました。また経鼻用上部消化管ビデオスコープ「GIF‐1200N」は、従来よりも先端部分が柔らかいため、鼻挿入時の痛みを緩和することができます。これら最新の内視鏡システムで、病変の発見・診断・治療の質において、早期発見・早期診断・低侵襲治療が実現しました。

胃カメラビデオスコープ【GIF-1200N】

GIF-1200 N新しく開発されたCMOSイメージセンサーによりノイズの少ないハイビジョン画像を実現しました。また、改良された光学系と、高精度のレンズ組み立て技術の確立によって、明るさを確保し、微細な血管や粘膜の表面もリアルに再現することが可能となり、正確な診断をサポートします。

患者様への経口または経鼻挿入における苦痛低減を目指し、挿入部にはより柔らかい素材を採用いたしました。同時に十二指腸への挿入性に貢献する適度なバランスを保っております。
※GIF-XP290N 比較時

 

BAI-MAC

ハレーションを起こさずに近点の明るさを維持したまま中遠景の暗部を明るくします。スクリーニング検査時の観察性能の向上に寄与します。

狭帯域光観察(NBI):Narrow Band Imaging

狭帯域光観察(NBI)オリンパス社独自の光デジタル法により、粘膜表層の毛細血管や微細構造を強調して表示されます。これは、血液中のヘモグロビンに強く吸収される紫と緑の特定の波長光を照射して、高精度な観察が可能な画像強

4K画質

OEV321UHと組み合わせることにより4K画質での内視鏡観察が実現します。診断率の向上や病変見落とし率の低減に貢献します。

5LED

CV-1500では業界初の5LEDを採用しています。これによりランプ寿命の延長や色再現性の向上を実現しています。

構造色彩強調機能(TXI):Texture and Color Enhancement Imaging

検査で観察する粘膜表面の「構造(粘膜表面の凹凸)」「明るさ」「色調」の3要素を最適化する新しい画像技術です。微細な色の変化や表面の凹凸がより強調されるため、病変を早期に発見しやすくなります。

構造色彩強調機能(TXI)

一番上に戻る
WEB問診はこちらWEB問診はこちらネット予約はこちらネット予約はこちら LINE登録はこちら
clear
初めての胃カメラ検査初めての胃カメラ検査 初めての大腸カメラ検査初めての大腸カメラ検査