コラム

2023.10.05

ビタミンDと大腸がんについて

本日はビタミンDと大腸がんの関係性というテーマでコラムを配信させていただきます。

つい先日、ビタミンDを摂取していると消化器癌による死亡リスクが減少することの報告がありました。そのため、ここ最近になってビタミンDに関する関心が高まってきています。

 

ビタミンDは太陽の光を浴びることで体内で合成されます。ビタミンDの効果ですが、主に以下の2つがあげられます。

・骨を作るのに大切なカルシウムの吸収を促進

・骨の成長を促す

 

つまり、ビタミンDは骨の成長に関係しているため、骨粗鬆症の予防に効果が期待されています。

 

ただ、最近になってビタミンDには上記以外の効果があると言われています。

それが、免疫力アップ効果です。

・風邪やインフルエンザ等の感染症の予防

・大腸がんなどの消化器癌の予防

ビタミンDには上記のような効果もあり、ビタミンDのもつ免疫力アップ効果がここ最近になって注目を浴びるようになってきています。

 

血液中にあるビタミンDの濃度は、健康診断などでは測定されることはないため、ご自身のビタミンD値の状況や、ビタミンD値の適正数値について把握していない方が多いかと思います。

 

血液中のビタミンD値は『 30ng / ml 』以上あれば特に問題はないとのことで、30ng / mlを下回る場合はビタミンDが不足していることになります。

 

ビタミンDは体内で生成される物質ですが、食事からもビタミンDは摂取することができます。ただし、ビタミンDを豊富に含む食品は限られています。下記の食品はビタミンDを豊富に含んでいる食品の代表例です。

・いわし
・鮭
・キノコ類
・牡蠣
・うなぎ
 ・卵
・いくら(魚卵)

 

上記のような食品には、ビタミンDが豊富に含まれていますが、ただ実際のところ、食事だけでは十分な量のビタミンDを摂取することは難しいかと思います。最近ではドラッグストアでもビタミンDのサプリメント販売もされていますが、ドラッグストアなどで売られているサプリメントでは、1錠に含まれるビタミンDの配合量が少ないことが多いです。

 

医療機関でしか購入することができないサプリメントだと、ビタミンDが多く配合されていますので、サプリメントでのビタミンDの摂取をされる方は医療機関が販売しているサプリメントを選んでいただいた方がより効果を感じて頂けるかと思います。

当院では、医療機関でしか購入ができないMSS社のサプリメントを用意しています。また、管理栄養士による栄養指導にも当院は力をいれていますので、食事指導とサプリメント等のアドバイスも食事のプロである管理栄養士が行っています。サプリメントや食事指導にご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

一番上に戻る
WEB問診はこちらWEB問診はこちら ネット予約はこちらネット予約はこちら 当院の公式Instagramはこちら当院の公式Instagramはこちら 採用専門サイトはこちら

初めての方のWEB予約はこちら初めての方のWEB予約はこちら

clear
初めての胃カメラ検査初めての胃カメラ検査 初めての大腸カメラ検査初めての大腸カメラ検査